賃貸運営をするには

契約期間は一般的に? [ 2014/11/06 ]

賃貸の契約期間を決める際、「普通借家契約」と「定期借家契約」この二つの違いを理解しておく必要があります。 普通借家契約は、契約期間を1年以上での設定ができ、契約の更新が可能です。 しかし、貸主側から解約をすることができ、契約期間は貸主の事情と借主の意向に左右されてしまいます。 定期借家契約は、契約期間を自由に定めることができます。 契約の更新はなく ~

条件決めは難しい [ 2014/10/19 ]

賃貸の運営をするなら、募集を始める前に「募集条件」をしっかり検討する必要があります。 まず、募集条件の設定についてですが、家賃はもちろん、管理費や敷金、礼金、契約期間、その他の条件を細かく設定する必要があります。 家賃は一般的には契約・入居後は簡単に賃料を変更することが出来ませんので、学生や新社会人が部屋を探し始めたりする時期等も考慮して、打倒な額で設定しましょう。 管理費は家賃に含めてもよいですし ~

家賃収入と支出が [ 2014/09/22 ]

賃貸を運営する際の収支について。 まず、収入についてですが、賃貸なので家賃は毎月入ってきます。 「管理費(共益費)」も家賃に含まれていたりしますが、別で受け取ることもできます。 この二つは「継続的に入ってくるお金」です。 また、「一時的に入ってくるお金」として「礼金」があります。 これは新規契約の際に貸主に払う謝意としてのもので、家賃の1~2か月分の場合が多いのですが ~

Copyright(C) 貸す側の事って知らないことだらけだ All Rights Reserved.