住んでもらう期間は

賃貸を運営するには、募集条件をきちんときめることは分りましたね。 では、契約期間はどのように決めればよいのでしょうか。 決める際には「普通借家契約」と「定期借家契約」この二つの違いを理解しておく必要がありますので見ていきましょう。 まず、それぞれのポイントから見てみましょう。 定期借家契約のポイントですが、契約期間は自由に定めることができます。 契約の更新はなく、期間が終了した時点で確定的に契約が終了し確実に空け渡しを受けることができます。 契約の締結については、契約期間を定め公正証書等の書面によって契約することが必要となります。 また、契約書とは別にあらかじめ書面を交付し、契約の更新がなく期間の満了と共に契約が終了するということを借主に説明しなければなりません。 もし、貸主がこの説明を怠ってしまうと「普通借家契約」となってしまいます。 契約の期間を決めていても、借主の事情で中途解約を申し出てくる場合もあります。 そういった場合は解約の申し入れから1か月経過すると契約が終了しますが、この解約権を行使できるのは「床面積が200㎡未満の住宅に住んでいる借主の場合のみ」となります。 契約が終了するときは、期間を1年以上としている場合は「期間満了の1年~6か月前までの間」に契約が終了することを通知する必要があります。 借家契約には定期と普通とありますが、普通借家契約を定期借家契約に切り替えることが出来ます。 定期借家制度は2000年3月1日から施行されているのですが、それ以前に締結された住宅の普通借家契約は借主と物件が変わらない限りは定期借家契約への切り替えは認められていません。 普通借家契約のポイントは、契約期間は1年以上での設定ですが、2年以上で設定しているところが殆どです。 中途解約も出来ますが、解約の予告期間を定めたり、すぐに解約する場合は支払う金額を定めていることが多いです。 そして、普通借家契約には貸主側から解約をすることができ、契約期間は貸主の事情と借主の意向に左右されてしまいます。 このような違いがありますので、覚えておきましょう。

Copyright(C) 貸す側の事って知らないことだらけだ All Rights Reserved.