貸し手での収入バランスは

賃貸を運営すると、もちろん収入はありますが、出ていくお金もありますし、ローンが残っていればそれを返済していくことも考えていかなければなりません。 そういったこともあるので、収支について少し考えてみましょう。 まず、収入についてですが、賃貸なので家賃は毎月入ってきますよね。 ただ、持っている物件が常に満室になるとは限ならないので、空室の可能性も考慮して少な目に見積もっておきましょう。 家賃の他には、管理費(共益費)があります。 家賃に含まれていることもあるのですが、別で受け取ることもあります。 この二つは「継続的に入ってくるお金」です。 賃貸と云えば「礼金」がありますが、これは一時的に入ってくるお金です。 礼金は、新規契約の際に貸主に払う謝意としてのもので、家賃の1~2か月分の場合が多いのですが、礼金ナシという設定にしているところもあります。 「敷金」借主から預かるお金で、新規契約の際に、物件の補修費用等の支払いを担保するという目的で借主から預かるお金です。 こちらも家賃の1~2か月分のことが多いのですが、退去時に破損や家賃滞納等がある場合にはここから払う形になります。 こちらは基本的に、退去時に借主に返すものなので収入とは別で考える必要があり、返すにあたっては利子を付ける必要はありません。 では、出ていくお金はどんなものでしょうか。 こちらにも「継続的に出ていくお金」と「一時的に出ていくお金」があります。 継続的に出ていくお金は、管理委託費や住み替え先での住居費(この二つは賃貸すると追加で出ていくお金)、固定資産税や都市計画税、分譲マンションの場合は修繕積立金や管理費、物件を買う際にローンを組んだならそのローン(これらは物件を所有していると必ず出ていくお金)があります。 一時的には、メンテナンス費や修繕費用、仲介手数料、その他交通費や通信費、損害保険料等があります。 こういった支出がありますので、どのように運営していけばより良いものに成るのかシュミレーションをしてみるのもいいですね。

Copyright(C) 貸す側の事って知らないことだらけだ All Rights Reserved.